妊娠をしていても夫婦生活は続けていきたいですね。

 

しかし、実際のところ妊娠中にセックスをしても大丈夫なのでしょうか?

お腹の中の赤ちゃんに悪い影響はでないでしょうか?

 

妊娠中のセックスについて調べてみました。

 

基本的にセックスは問題なし

身体のことを考えた時に適度なセックスは基本的には問題ありません。

 

旦那さんとの心のこもったセックスはリラックスさせる効果もありますので良い面もあります。

 

ただそれはもちろん体調面が悪くなく、お互いに同意のうえでの行為となります。

 

あなたの具合が良くなかったり、気分が乗らない時には危険な可能性もありまので旦那さんにも我慢してもらう必要はあります。

 

セックスは大切なコミュニケーション手段です。

 

お互いにストレスの溜まらないタイミング、頻度を考えてすることで円満な夫婦関係を続けていってください。

 

時期によっては注意が必要

妊娠をすると女性の体はどんどん変化していきます。

 

初めての妊娠の場合は、いままでにない身体の変化が起きますので本人も戸惑うところがあると思います。

 

そんな状態なので妊娠初期のセックスは特に注意が必要です。

 

妊娠初期は子宮が大きくなりはじめ胎盤が作られる重要な時期となります。つわりなどで体調が優れず、精神的にも不安定になりがちなので、この時期のセックスは控えた方が無難でしょう。

 

初期は流産のリスクも高いので母体に負担を掛けるのはあまり好ましくありません。

 

旦那さんによってはまだ父親の自覚も出にくい時期でもあるので急に拒否されたと思ってしまう場合もありますが、これは赤ちゃんのためにも仕方がないことだとしっかり話会ってわかってもらう必要があります。

 

体調が良い時には挿入を伴わないスキンシップでコミュニケーションを取るのがよろしいでしょう。

 

セックスの際は負担にならないように

妊娠も安定期に入ってくるとつわりもおさまり、身体も慣れてきますので心にも少し余裕が出来てセックスをしても良いかなと思えるようになってきます。

 

とはいえ、お腹に負担をかけないようには注意をしなければなりません。

 

激しい行為は控えた方が良いです。

 

セックス自体に問題はなくても激しい行為は傷つけてしまう可能性もありますし、長時間の行為は身体に無理を与えます。体位も気を付ける必要があります。

 

正常位など女性が仰向けになる体位は、お腹による圧迫してしまいますので側臥位や後背位等の体位が好ましいです。

 

特に横向きに寝た女性の後ろに男性が横向きに寝て挿入する側臥位は激しい動きにもなりにくいですし密着感もありますのでお勧めの体位です。

 

安全な時期で気持ちが盛り上がっても身体の負担には気をつけながら楽しんでください。

 

妊娠中に避けたい性行為とは?

膣内で射精をする行為は避けた方が良さそうです。

 

精液には子宮収縮を促したり、子宮頚管を柔らかくしてしまう成分がありまので早産を引き起こす可能性がります。

 

膣内で射精しても妊娠がない分安心だとお考えの方をいらっしゃるようですが、決してお勧めできません。

 

どうしてもの場合は37週目以降の出産期まで待ちましょう。

 

同様な理由もありコンドームも必須です。妊娠中は抵抗力も落ちているのでちょっとしたきっかけで感染症に罹ってしまうリスクもあります。

 

また女性から男性に対するオーラルセックスは問題ありませんが、男性から女性に対するものは控えておいた方がよさそうです。

 

膣内に空気が入ることで塞栓症を引き起こしたというケースもあります。

 

開放的な気分になってしまいがちですが、旦那さんにもその点は配慮してもらいながら性行為を楽しみましょう。

 

夫婦でよく話し合うことが大切

妊娠中のセックスは二人だけの問題に留まらず、赤ちゃんの生命にも関わってくる問題です。

 

セックスそのものに問題がないとしても気をつけないと身体だけではなく、お互いの気持ちを傷つけることにもなりかねません。

 

よく聞く話に妊娠中の旦那さんの浮気が怖いので無理をしてセックスをしたというものがあります。

 

お気持ちは察しますがセックス以外のコミュニケーション手段もありますのでその部分は信頼関係を大切にすることで避けられるのではないでしょうか。

 

また、旦那さんから誘ってこないのは女性として見られていないからではないかと心配になりますが、それは旦那さんがあなたを気遣った優しさ故の可能性もあります。

 

誤解のあるのはセックスをする、しないに関わらず良い状態ではありませんのでよく話し合って誤解を解くようにしてください。

 

気を付けながら円満な夫婦関係を

セックスは夫婦円満のコツですので妊娠中でもお互いを思いやりながらするとよろしいでしょう。

 

夫婦仲が良いことは将来的に子どもにも良い影響があるでしょう。

 

時には我慢も必要など気をつけることは様々ありますが、この時期だからこその気遣いで過ごしてください。

 

大切なのはお互いの心が通じ合っていることですので、まずはその前提を守って良い夫婦関係を築いていってください。

 

その思い出はきっと将来に渡って夫婦の絆を強めてくれることでしょう。