MENU

妊娠の可能性を高めるなら

妊娠の可能性を少しでも高めるにはどうすれば良いのでしょうか。
まずはぐくみ葉酸を摂取すると同時に、排卵日前に子作りをする
回数を増やすようにしましょう。

 

毎日射精すると精子の質が落ちてしまう、といわれてきましたが、実はその説も信ぴょう性については定かではありません。
毎日の射精においても劣化などはないということが分かっています。

 

どちらかといえば10日以上射精をしていなければ精子の質がある程度低下してしまいます。
妊娠するためにはタイミング、というものが欠かせません。

 

どれだけ頑張っても、妊娠のタイミングでなければ妊娠することはできません。
そのため、妊娠しやすい排卵前の6日前から何度も性行為を行うようにしましょう。

 

また、排卵日の予測のためには基礎体温チェックも欠かせません。
基礎体温とは朝起きてから活動をスタートする前に測る体温のことです。

 

女性の体というのは低温期や高温期などがあります。
この体温によって排卵日をある程度予測できますので、その前後にしっかりと性行為を行う必要があります。

 

普段の生活の中で少しでも子供をつくりたいのであれば、より高い確率で妊娠できるタイミングで性行為しましょう。